PR

 2020年東京五輪、パラリンピック開催を見据え、大規模な駅でバリアフリールート(移動など円滑化された経路)の複数化を義務付ける――。国土交通省は3月30日、「移動等円滑化のために必要な旅客施設または車両等の構造および設備に関する基準を定める省令(交通バリアフリー基準)」と、「公共交通機関の移動等円滑化整備ガイドライン」を改正した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料