イタリア・ミラノで、世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」が4月17日から22日まで開催された。AGC旭硝子は「音を生むガラス」を使った「Soundscape(サウンドスケープ)」と題した作品を出展。6日間で2万4000人以上の観客が押し寄せた。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料