PR

 これまで見てきた通り、各社がそれぞれの方法で時短に取り組んでいる。所員に「時間の使い方」を意識させる一方、ITを利用して効率化を図ることは欠かせない。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料