PR

 開放的な眺望を楽しむために、3階は全面を開口にして家族が集う空間にした。周囲は3階建て以上の建物がほぼない住宅街で、隣家の屋根越しに榛名山や赤城山が見渡せる。その一方、隣家と向き合う下層階は“閉じた空間”にしてプライバシー重視の階層とした。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料