PR

 照明効果をより生かすには、時刻や空間の使われ方に合わせた「光のオペレーション」が重要だ。年間を通した照明計画も有効となる。そのための回路分けや調光・調色などは設計時に設定しておく。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料