PR

 大和ハウス工業は鉄骨(S)造でロックウールの耐火被覆材を吹き付ける自走式ロボットを開発、4月中旬に実証実験を実施した。ロボットアームに安川電機の「GP-7」と呼ぶ機種を採用し、独自仕様に改良。開発着手から1年弱で実証段階にこぎつけた。2019年中の実用化を目指す。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料