PR

 文化庁で文化財行政を担当し、歴史的価値のある建物や街並みの保全に取り組んできた後藤治・工学院大学理事長に、今回の文化財保護法改正案の実効性を聞いた。残された大きな宿題は、税制措置だと指摘する。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料