PR

 緑豊かな自然景観を取り込むため、隣接する山に向かって開くように、建物を扇形平面に配置。屋内はスキップフロア形式で、中間階レベルを含めて緩やかな弧を描く形で居室が連なる。居室ごとに屋外を望む視線の高さや向きが異なり、周囲の景観を様々な角度で切り取る。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料