PR

昨年11月に発刊した書籍「安藤忠雄の奇跡」では、大橋富夫さんにもコメントをもらう予定でした。が、取材の前に入院され……。大橋さんに見せたかった本です。

(イラスト:宮沢 洋)
(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

編集部のおすすめ 「技術×産業」で新たな市場を発掘
6月12日~15日「テクノロジーNEXT2018」開催

 昨年ご好評いただいた産業横断型会議「テクノロジー NEXT」。今年は規模を拡大して6月12日~15日に東京・御成門のベルサール御成門タワーで開催します。「技術×産業」をテーマに、各領域の第一人者を招いてクロストークを展開。今年は計11のプログラムを実施します。建築関係者に特にお薦めは下の2つ。他のプログラムを含め、詳細はウェブで。

開催日時 6月12日(火) 10:00~16:20 6月13日(水) 10:00~18:10
タイトル 5G・IoT・AIを駆使、建築・不動産テックで都市革命
東京大改造、動き出す次世代プラットフォーム
建築・住宅×IT・ロボット・AIが生む新ビジネス
年間45兆円の巨大市場が動き出す
会場 ベルサール御成門タワー(東京都港区芝公園1-1-1)
受講料 4万9800円(税込み)
主な内容
  • 「デジタルテクノロジーの駆使による“都市力”向上の可能性」齋藤精一氏(ライゾマティクス代表取締役)、豊田啓介氏(noizパートナー、gluon共同主宰)、藤原純氏(森ビルタウンマネジメント事業部)
  • 「ITでこう変わる、都市大改造202X年」山本 恵久(日経 xTECH編集委員)
  • 「テクノロジーとコミュニティが可能にする新たな働き方」髙橋正巳氏(WeWork Japan、日本ゼネラルマネージャー)
  • 「都市の3Dデータベース『バーチャル・シンガポール』のインパクト」山賀裕二氏(ダッソー・システムズ代表取締役社長)
  • 「ソフトバンクが見据える都市の未来」今井康之氏(ソフトバンク代表取締役副社長兼COO)

※受講者特典:「東京大改造マップ 開発プロジェクトデータ集2018年版」

  • 「建築・住宅分野におけるAI活用の展望」西井敬二氏(富士通第二産業システム事業本部第四システム事業部第三システム部部長)、浅野祐一(日経 xTECH建設編集長/日経ホームビルダー編集長)
  • 「IoTで住宅での暮らしやオフィスでの仕事は変わるのか?」安井功(日経 xTECH/日経ホームビルダー副編集長)、宇野 麻由子(日経 xTECH 記者)
  • 「ロボットで建築現場やビルメンテナンスは変わるのか?」進藤智則(日経Robotics編集長)、森下慎一(日経 xTECH/日経アーキテクチュア副編集長)
  • 「Googleもまだ手が出ない領域を狙え」豊田啓介氏(noizパートナー、gluon共同主宰)
  • 「建築現場のロボット革命」印藤正裕氏(清水建設常務執行役員) ほか