PR

 奥村組は、湿式工法のタイル張り外壁で打診調査の作業を効率化する調査者向け支援システムを開発した。レーザー式測域センサー(レーザースキャナー)が打診棒の先端を追跡。眼鏡型のウェアラブル端末と小型の入力機器を併用して、壁面上の不具合箇所を記録する〔写真1〕。新システムは現在、特許出願中だ。

〔写真1〕打診棒の先端をセンサーが捉える
〔写真1〕打診棒の先端をセンサーが捉える
開発したシステムで外壁タイルの状況を調査・記録している様子。仮設足場に取り付けたセンサーが打診棒の先端を捉えて、座標情報を眼鏡型端末に映し出す。その座標を基に、左手に持つ入力装置を操作して記録を残す(写真:奥村組)
[画像のクリックで拡大表示]

 打診調査は従来、現場で手書きにより記録し、事務所に戻った後でCADなどへ入力しており、デジタルデータにする労力が大きかった。

 一般に、打診調査では調査者がまず壁面に近づいて目視したうえで、見ただけでは分からない不具合を打診棒で探す。打診棒の先端をタイル表面に滑らせて動かし、擦過(さっか)音を聞くのだ。音が他の場所と異なれば、タイルが浮いたり剥がれたりしている可能性がある。

 開発したシステムでは、この打診棒を記録ツールとしても使う。眼鏡型端末に搭載した独自開発のアプリケーションとセンサーとで、壁面にある打診棒の先端位置を捉えるのだ。

調査後の作業を軽減

 調査前には、まず調査対象となる壁面付近の仮設足場にセンサーを設置。足場がない場合は三脚を立てて代用する。眼鏡型端末をかけた調査者が片手に通常の打診棒を、もう一方の手に入力装置を持てば準備完了だ。

 調査者は、目視や擦過音から不具合を見つけたら、改めてその位置を打診棒で指し示す。そのときに端末画面に現れる打診棒先端の座標情報から、不具合のあるタイルの箇所や長さ、面積などを特定し、入力装置を使って端末に記録する。

 調査後、このデータをCAD上で立面図に重ね合わせれば外壁面の現況図になる。不具合箇所数や面積などの数量は、別に表計算ソフトで集計する。図面への追記や調査報告に必要なデジタルデータが、現場でリアルタイムに作成される仕組みだ。

 開発した同社建築部建築企画課の担当者は、「現場での記録はタイル調査の大きなボトルネックになっていた。現場でメモを取ること自体が大変なうえ、帰ってからも走り書きのメモを『解読』し、パソコンで改めて入力しなければならない」と説明する。調査実施から報告書作成までの作業が少なくなれば、調査期間の短縮や調査費用の削減も可能だ。

 開発には2年を要した。現在、社内テストを実施しており、改善を進めたうえで現場に投入する予定だ。将来的には他社への外販なども検討している。