PR

戸建て住宅の設計で、単に省エネ性能の数値を高めるだけなら、定番的な手法がいくつかある。だが顧客のニーズは必ずしも数値だけではない。意匠や間取り、採光・通風の良さ、耐震性や施工性など他の性能─。さまざまな与条件を設計者ならではの視点でさばき、省エネ性能のちょうど良い着地点を見つけた住宅例を紹介する。また記事末のインタビューでは、国の省エネ住宅普及策で近年注目が集まる「健康への効果」に関する最新の研究成果を専門家に聞く。顧客への提案で「健康」は、いま最も“旬”なキーワードだ。

[画像のクリックで拡大表示]

目次