自ら古い空き家を取得して、省エネ性能を含めて長期優良住宅相当の水準に改修、一定期間居住した後に転売する──。こうした空き家再生に取り組む設計者がいる。その第1号物件が、浜松市で完成した。築60年弱の木造平屋が現代の性能を持つ家に生まれ変わった。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料