計算に基づく現代的な省エネ設計に、伝統的な“職人技”をちょうど良く組み合わせる──。こうした考えをベースにした奈良市内の住宅だ。温暖地という地域特性も踏まえて、ZEHでありながら、土壁や木製建具に加えて開放的な空間を実現している。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料