PR

 トイレという“究極のプライベート空間”は、人々の暮らしや建築の在り方を変える情報の宝庫だ。IoT(モノのインターネット)技術の進展に伴い、生かしきれていなかったビッグデータの解析で、トイレの価値が変化し始めた。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料