省エネ性能やBCP(事業継続計画)対策など、都市部のオフィスビルには様々な機能が求められる。NTT都市開発が開発を進めてきた「アーバンネット日本橋二丁目ビル」(東京都中央区)は、これらの課題に取り組んだオフィスビルの1つだ。最も目を引くのが、国内最大級とうたう光ダクトを導入した点にある。自然光あふれる環境を整え、働く人の生産性向上に貢献するのが狙いだ。建物コア側に光ダクトを設けたことで、4面全面から室内に採光できるメリットも大きい。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い