善光寺(長野市)は、繊維メーカーの小松精練が開発した炭素繊維複合材料「カボコーマ・ストランドロッド」を、国の重要文化財である「経蔵」の耐震補強材に使用した。炭素繊維のロッドを重要文化財の耐震補強に用いるのは全国で初めてだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い