PR

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は3月24日の理事会で、組織委が主体となって整備を進める仮設競技場の中で最大規模となる「有明体操競技場」(東京都江東区)の基本設計の概要を公開した。競技場は大会終了後、数カ月から1年以内に解体する予定だったが、都が整備費の一部を負担して大会後10年程度は展示場などに利用する方針も明らかにした。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料