PR

幹線道路沿いの耐震化が急務

 敷地は産交バスの往生院前バス停の目の前。万が一倒壊した場合には、長期にわたって大きな交通障害を引き起こすことになるだろう。幹線道路沿いの旧耐震建物の耐震化を促す警鐘にもなりそうだ。

1階車庫(写真:日経アーキテクチュア)
1階車庫(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

住戸の開口部まわりにも破損した箇所が見られる(写真:日経アーキテクチュア)
住戸の開口部まわりにも破損した箇所が見られる(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

マンションの前にあるバス停(写真:日経アーキテクチュア)
マンションの前にあるバス停(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、東京都は特定緊急輸送道路沿道建築物(特定沿道建築物)の耐震化を進めており、特定沿道建築物のうち、都条例で定める耐震診断を実施していない建物を公表するなどの取り組みを行っている(関連記事:未着手1割、都が特定沿道建築物の耐震診断を促進