PR

熊本県は応急仮設住宅約2000戸の建設に当たり、計40棟程度の「みんなの家」(木造の集会所もしくは談話室)を整備する計画だ。また、1住戸当たりの敷地面積を従来の約1.5倍に広げる。計画の中心になっている建築家の伊東豊雄氏や熊本県土木部建築住宅局長に経緯を聞いた。

この記事は有料会員限定です

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)