PR

 熊本県は応急仮設住宅約2000戸の建設に当たり、くまもとアートポリスコミッショナーである建築家・伊東豊雄氏やアドバイザーの桂英昭氏(熊本大学准教授)らの助言を受けながら、配置計画などを検討している。住戸約50戸に対して1棟の割合で木造の「みんなの家」を建てる計画だ。「みんなの家」とは、被災者にやすらぎを感じてもらう空間として、仮設住宅団地内に整備する集会所もしくは談話室だ。東日本大震災の際、伊東氏らが自治体や企業の支援を募って被災地に集会所を建設し、これを「みんなの家」と名付けた。

 今回、熊本県全体では約40棟の「みんなの家」が建つことになる。まずは、伊東氏に経緯を聞いた(インタビューは5月10日)。

そもそも東日本大震災(2011年3月11日)の際に、熊本県が仙台市内に「みんなの家」をつくることになったのはどういうきっかけだったのでしょうか。

 2011年5月だったと思いますが、熊本県のアートポリスの会議で、今で言う「みんなの家」をつくりたいという話をしたところ、それが蒲島(郁夫)知事に伝わり、それはいいことだからやろうということで建設費を出してくださった。木材も提供してくれました。

2011年10月、仙台市宮城野区の仮設住宅団地に完成した「仙台・宮城野みんなの家」。伊東氏がコミッショナーを務める「くまもとアートポリス」の人材育成事業と位置付け、熊本県の建築関連団体や学生ボランティアなどと連携し、資材提供から施工まで一貫して取り組んだ。建設費は約1000万円(写真:伊東豊雄建築設計事務所)
2011年10月、仙台市宮城野区の仮設住宅団地に完成した「仙台・宮城野みんなの家」。伊東氏がコミッショナーを務める「くまもとアートポリス」の人材育成事業と位置付け、熊本県の建築関連団体や学生ボランティアなどと連携し、資材提供から施工まで一貫して取り組んだ。建設費は約1000万円(写真:伊東豊雄建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

このときの「宮城野みんなの家」が「みんなの家」の第1号なのですか。

 そうです。出来上がったときに、皆さん大変喜んでくださって、僕自身も感慨深かった。今でもここに行くと、仮設住宅から出て行った方も集まってくださって、大宴会です(笑)。

2012年には熊本県内でも「みんなの家」をつくっていますね。

 2012年に阿蘇で土砂災害(熊本広域大水害)があり、そのときに熊本県が仮設住宅団地内に2棟の「みんなの家」をつくった。これは知事の発案でした。

 その仮設住宅は既に必要がなくなったので、阿蘇の「みんなの家」は最近、別の場所に移されて、公民館として使われています。

熊本広域大水害(2012年)の際に阿蘇市の高田住宅に建設した「みんなの家」の外観(写真:熊本県)
熊本広域大水害(2012年)の際に阿蘇市の高田住宅に建設した「みんなの家」の外観(写真:熊本県)
[画像のクリックで拡大表示]
阿蘇市高田住宅の「みんなの家」の内部(写真:熊本県)
阿蘇市高田住宅の「みんなの家」の内部(写真:熊本県)
[画像のクリックで拡大表示]
2015年に高田住宅の「みんなの家」は阿蘇市古城5-1区の公民館として移設された。移設後の外観(写真:熊本県)
2015年に高田住宅の「みんなの家」は阿蘇市古城5-1区の公民館として移設された。移設後の外観(写真:熊本県)
[画像のクリックで拡大表示]

 そういう下地があったので、今回、県が仮設住宅をつくるに当たって、木造の「みんなの家」をつくろうということになりました。それをアートポリス班がリーダーシップを取って進めなさい、加えて、仮設住宅自体にもできるだけ木造を採用したい、と知事から発案があったそうです。

 「みんなの家」は集会所か談話室という扱いで、集会場は60m2、談話室は40m2というおよその規模を想定しています。

先行している仮設住宅団地だけではなくて、すべての団地で「みんなの家」をつくるのですね。

 そうです。全体が約2000戸に対して、約40棟の「みんなの家」ができるはずです。

仮設住宅の配置計画にも関わるそうですね。

 できるだけ住棟の間隔を広げます。それと、今までは6戸がくっついて1列に並んでいるのが普通だったけれど、ここでは3戸ずつで隙間を空けます。その間に縦通路を設けて憩える空間にする。ほとんど全ての仮設でそういう配置になりそうです。