PR

急増する訪日外国人の受け皿となるホテル建設が加速しそうだ。国土交通省が宿泊施設の整備に着目した容積率緩和制度を創設。これを踏まえ東京都は、宿泊施設で最大300%、公共施設整備と組み合わせて最大500%の容積率割り増しを認めることを打ち出した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料