PR

 神奈川県鎌倉市の大船駅から藤沢市の湘南江の島駅までを結び、レールに車体を吊り下げる「けん垂式」を採用する湘南モノレール。全国的にも珍しい方式ながら、沿線の知名度は江ノ島電鉄(略称:江ノ電)と比べると高いとはいえない。そんな湘南モノレールの駅が、若手建築家をパートナーとした改修で生まれ変わりを図っている。

湘南モノレールの富士見町駅を下り側のホームから見る。2017年3月に、バリアフリー化と併せて外壁改修工事を実施した(写真:鎌倉・藤沢リングプロジェクト研究会)
湘南モノレールの富士見町駅を下り側のホームから見る。2017年3月に、バリアフリー化と併せて外壁改修工事を実施した(写真:鎌倉・藤沢リングプロジェクト研究会)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年3月に実施した富士見町駅の改修工事がその第1弾だ。同駅の上り側で外壁の改修とバリアフリー化を実施した。この外壁に、エリアの価値向上を目指したデザインを取り入れている。