PR

 都内の観光地や飲食店などに加えて、Wi-Fiスポットや鉄道経路の検索など役立ち機能も利用できるスマホ向けサービスを、ぐるなびが訪日観光のセミナー・展示会「インバウンド・ジャパン 2016」で展示した。

「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO(ライブジャパンパーフェクトガイド東京)」を紹介するぐるなびのブース(写真:安蔵 靖志)
「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO(ライブジャパンパーフェクトガイド東京)」を紹介するぐるなびのブース(写真:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 展示したのは「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO(ライブジャパンパーフェクトガイド東京、以下LIVE JAPAN)」で、2020年東京五輪に向けて2016年4月に始めた訪日外国人向け観光情報サービスだ。

 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム、小田急電鉄、ぐるなび、京王電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄、相模鉄道、西武鉄道、全日本空輸、東京急行電鉄、東京空港交通、東京国際空港ターミナル、東京地下鉄、東京都交通局、東京モノレール、東武鉄道、成田国際空港、日本航空、バニラ・エア、東日本旅客鉄道、ヤマト運輸、Peach Aviationの22者が参画している。

 ぐるなび、東京急行電鉄、東京地下鉄の3社が事務局を担当する。ぐるなびは全国にわたってレストランなどのグルメ情報を網羅しており、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語などにも対応している。長年人気情報サイトを運営し、多言語対応していることから、ぐるなびがLIVE JAPANを運営しているとのことだ。

LIVE JAPANのトップページ(写真:安蔵 靖志)
LIVE JAPANのトップページ(写真:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]