PR

 1年前、2年前、3年前それぞれの今週、どんな記事が読まれていたか――。過去3カ年分の同時期記事ランキングから、振り返ってみましょう。忘れていたあんなことやこんなことから、新たな発見が見つかるかもしれません。

 3月5日~3月11日のアクセスランキング1位は、2017年が「プリツカー賞初!建築家3人が同時受賞」、2016年が「ウレタン吹き付けの厚さが不足」、2015年が「羽ばたく木屋根、新しい女川駅の軽やかさに思う」でした。

■2017年3月5日(日)~3月11日(土)

1位:プリツカー賞初!建築家3人が同時受賞

2位:対決!耐震3と制振住宅、繰り返しにどこまで耐える?

3位:マンション建設現場でドローン墜落、作業員が負傷

4位:ROKI研究所で小堀哲夫氏にJIA日本建築大賞

5位:磁石がくっつく石こうボード タイガーエフイーボード 吉野石膏

■2016年3月5日(土)~3月11日(金)

1位:ウレタン吹き付けの厚さが不足 凄腕検査員が見逃さない欠陥施工

2位:丹下氏の香川県庁舎、デザインビルドで免震改修 実施設計・施工を一括で16年度に発注

3位:熊谷組社長が謝罪も紛糾、全棟建て替えの住民説明会 地下ピット配管スリーブの46カ所で施工不良が発覚

4位:密室で語られた「新国立」の“仮採点” 審査委員の香山壽夫・東京大学名誉教授が明かす「審判の日」

5位:出雲大社庁の舎解体を検討、5団体が合同で保存要望 菊竹清訓氏の出世作、「か・かた・かたち」論の原点

■2015年3月5日(木)~3月11日(水)

1位:羽ばたく木屋根、新しい女川駅の軽やかさに思う

2位:新橋駅を経て臨海部へ、BRTは複数ルートで大輸送

3位:希望と苦悩が交錯する東日本大震災復興の現場 東日本大震災から4年

4位:ずらした箱を大きなテーブルでつなぐ 「木箱」 設計:御手洗龍建築設計事務所

5位:巡礼傑作選(3)群馬音楽センター、遠き山に日は落ちて