PR

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は9月6日、品川駅と田町駅の間に建設する品川新駅の概要を公表した。デザインアーキテクトに、新国立競技場の設計を手掛ける建築家の隈研吾氏を起用した。駅舎は、折り紙をモチーフとした大屋根が特徴で、膜や木などの素材を活用した「和」のイメージの空間デザインを目指す。駅舎は東京五輪が開かれる2020年の春に暫定開業、24年ごろの街開き時に本開業する予定だ。

品川新駅の鳥瞰イメージ。日本の伝統的な折り紙をモチーフとした大屋根が特徴だ(資料:JR東日本)
品川新駅の鳥瞰イメージ。日本の伝統的な折り紙をモチーフとした大屋根が特徴だ(資料:JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 品川新駅は、品川駅から約0.9km、田町駅から約1.3km付近のJR品川車両基地跡地内に建設する。駅舎は地下1階・地上3階建てで、高さは約30m。構造は鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造だ。総床面積約7600m2で、改札口は南北2カ所に設ける。JR東日本広報部によると、「駅の名前は現在、決定方法を含めて検討している」。

配置図。品川新駅は、品川駅から約0.9km付近のJR品川車両基地跡地に設置する(資料:JR東日本)
配置図。品川新駅は、品川駅から約0.9km付近のJR品川車両基地跡地に設置する(資料:JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]