産業技術総合研究所は、研究中の「透明断熱材」で従来よりはっ水性を高めることができる加工技術を開発した。エビやカニの殻から抽出する天然由来の原料「キトサン」を使った透明断熱材で、ガラスなど透明な開口部への断熱材直張りが現実味を帯びてきた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事