大林組は、大阪市中央区で建設を進めている高さ148mの超高層ビル「新南海会館ビル(仮称)」の長周期地震動対策として、汎用品だけで構成するTMD(チューンドマスダンパー)制振装置を導入する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事