大林組は、大阪市中央区で建設を進めている高さ148mの超高層ビル「新南海会館ビル(仮称)」の長周期地震動対策として、汎用品だけで構成するTMD(チューンドマスダンパー)制振装置を導入する。

この記事は有料会員限定です

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料