PR

「東京建築アクセスポイント」の設立は昨年10月。建築史家の和田菜穂子氏(代表)、建築ジャーナリストの磯達雄氏(以下、理事)、建築史家で大阪市立大学准教授の倉方俊輔氏、建築家の若原一貴氏、建築家で東京芸術大学教授のトム・ヘネガン氏の5人が中心メンバーだ。代表を務める和田菜穂子氏に、設立の経緯やこれまでの取り組みなどを聞いた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料