関東・東北豪雨で各地で河川が氾濫し、激甚な水害に見舞われた。堤防が決壊した地域では、建物に甚大な被害が及んだ。しかし破堤箇所近くに建つにもかかわらず、甚大な被害を免れた住宅も存在した。現地の教訓から、洪水による建物被害を抑える策を考える。

この記事は有料会員限定です

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料