戸田建設とフクビ化学工業は共同で、人が歩いたり飛び跳ねたりした際に階下へ伝わる音を吸収する新素材「サイレントドロップ」を開発。基材を粒状の樹脂としたことで、荷重を増やすだけよりも、音エネルギーの吸収効果を高めた。

この記事は有料会員限定です

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料