PR

旭化成建材が、杭工事のデータを偽装したことが明らかになった横浜市内の「傾斜マンション」。問題の杭基礎は大臣認定を取得した「ダイナウィング工法」で施工していた。実は大臣認定工法であることが、横浜市のマンションの杭工事でデータが改ざんされた背景にあるとみる向きもある。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料