天井や設備の地震対策進む

 このほか、野村不動産と竹中工務店が、水平2方向で揺れ方の異なる建物に対応できるTMD(チューンドマスダンパー)制振装置「デュアルTMD-NT」を新宿野村ビルで実用化。大地震時の揺れ時間を半減できると見込んでいる。

東京・西新宿の新宿野村ビルに設置された「デュアルTMD-NT」(写真:日経アーキテクチュア)
東京・西新宿の新宿野村ビルに設置された「デュアルTMD-NT」(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 熊本地震で対策不足が露呈した非構造部材の落下防止に関連する技術も続々と発表されている。竹中工務店とオクジュー(大阪市)は共同で、軽量の天井システム「Lite-Safe(ライト・セーフ)」を編み出した。

竹中工務店などが開発した軽量の天井システム(写真:竹中工務店)
竹中工務店などが開発した軽量の天井システム(写真:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 天井の重量を1m2当たり2kg以下に抑え、天井が落ちた際の衝撃を軽減。国土交通省の告示で規定される「特定天井」の対象外とした。

 部材構成を簡潔にしたので、特定天井の施工に比べて工費と工期を、それぞれ半減できる。ほかにも、帝人が軽量のシステム天井で、施工性を一段と高めた工法を開発している。

 空調など設備の落下防止技術も出てきた。例えば、新日本空調が開発した「柔ワイヤ工法」だ。天井から空調機器を吊るボルトをつなぐようにしてワイヤを張るだけで設置できる。斜材で補強する工法に比べて、施工時間は約3分の1に収まる。

ワイヤで制振補強する工法の概要図。2本のワイヤをX字形に交差するようにループさせる。新日本空調の資料をもとに日経アーキテクチュアが作成
ワイヤで制振補強する工法の概要図。2本のワイヤをX字形に交差するようにループさせる。新日本空調の資料をもとに日経アーキテクチュアが作成
[画像のクリックで拡大表示]