PR
既存窓の内側に設置する(資料:旭硝子)
既存窓の内側に設置する(資料:旭硝子)
[画像のクリックで拡大表示]

 旭硝子は、既存窓にプラスすることで防音性能や断熱性能が大幅に向上する内窓「まどまどplus(プラス)」の販売を2016年11月25日から開始した。

 アルミ樹脂複合フレームを使った内窓「まどまど」シリーズの上位モデル。防音、断熱など、どの性能をより重視したいかによって搭載するガラスを選ぶ。

 防音構造「レゾネーター」で防音性能を高めた複層ガラス「マイミュート」を搭載した仕様は、外窓と組み合わせることで、45dB遮音性能相当(地下鉄内の音が静かな住宅内に近い環境まで低減するレベル)の防音性を実現する。

 Low-E複層ガラス「サンバランス Eシリーズ」を搭載した仕様は、JIS断熱性能で国内最高のH-6等級を実現(アルゴンガスを封入した中空層を16mmにしたガラス構成の場合)。

 また長辺3mまでの大型窓にも対応し、強化ガラス仕様も設定しているので、住宅だけでなく学校や老人ホーム、公共施設などにも使用できる。

 材料参考設計価格(税別)は、13万1300円(幅1800×高さ2000mm、サンバランス Eシリーズ仕様の場合)。

問い合わせ先:旭硝子
電話:0570-001-555
URL:http://www.agc.com/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード