PR
テラスタイプの施工例(資料:YKK AP)
テラスタイプの施工例(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 YKK APは、「防火窓Gシリーズ」に網のない耐熱強化ガラスを採用した「耐熱強化複層ガラス仕様」を新たに追加し、2017年1月10日に発売した。

 国土交通大臣認定防火設備の防火窓には網入りガラスを用いるのが一般的だ。ただ、窓から屋外を眺める際には、網が視界に入り眺望が遮られる。

 防火窓Gシリーズ「耐熱強化複層ガラス仕様」は、網のない耐熱強化複層ガラス(Low-E)を採用し、国土交通大臣認定防火設備の認定を取得した。視界がクリアになり、開放感も得られる。さらに、従来の網入りガラスの防火窓に比べて軽くなり、窓の開閉や施工・搬入時の負担も軽減される。

 フレームはアルミまたはアルミ樹脂複合。窓の種類は引き違い窓(窓タイプ、テラスタイプ)、片上げ下げ窓、FIX窓、縦すべり出し窓、すべり出し窓。

 参考価格は、アルミ樹脂複合の窓タイプ(幅1690×高さ1170mm)が27万6900円(税、搬入費、施工費、網戸は別)。

問い合わせ先:YKK AP
電話:0120-20-4134
URL:http://www.ykkap.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード