PR
室外ユニットの吹き出し方向の必要スペースを1000mmから500mmに低減し、限られたスペースへの設置に対応する(資料:三菱電機)
室外ユニットの吹き出し方向の必要スペースを1000mmから500mmに低減し、限られたスペースへの設置に対応する(資料:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱電機は、店舗・事務所用パッケージエアコン「スリムZR」シリーズ352機種を2016年5月中旬から順次発売する。低損失パワー半導体モジュールを搭載し、高い省エネ性を実現した機種を含む。

 「スリムZR」シリーズの中でも最高能力のP280形は、10馬力の圧縮機を駆動するインバーターに、電力損失を約35%低減する低損失パワー半導体モジュール「フルSiC DIPIPM」を店舗・事務所用パッケージエアコンで初めて採用した。加えて高効率圧縮機を採用して省エネ性を向上し、10馬力でのAPF(通年エネルギー消費効率)5.5という高い数値を実現した。APFとは、JIS C9612に基づいて冷房・暖房の能力を表わしたもので、数値が大きいほど省エネ性能が高いことを示す。また、冷凍サイクルの効率を向上し、冷房定格運転時の消費電力を従来比約10%低減して8.49kWとし、年間消費電力量を削減する。

 「スリムZR」全機種で新開発「デフロストマネジメント」を導入し、霜取り時の快適性が向上した。人の不在を人感ムーブアイセンサーで検知して適切なタイミングで霜取り運転し、在室中の室温低下を抑制する。運転停止時に着霜状態を判断して霜取り運転することで、翌朝の暖房運転が素早くスタートできる。

 希望小売価格は、税別で73万~257万4000円。

問い合わせ先:三菱電機
電話:054-287-3040
URL: http://www.mitsubishielectric.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード