PR
中国語、韓国語、英語で「押す」と表示している(資料:オプテックス)
中国語、韓国語、英語で「押す」と表示している(資料:オプテックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 オプテックスは、多言語対応の自動ドアタッチスイッチ「OW503T(多言語タイプ)」を2016年4月5日に発売した。中国語、韓国語、英語およびピクトグラムで表示する。

 日本人にとってはなじみ深いタッチ式自動ドアは、人通りの多い道に面した自動ドアの無駄な開閉を減らして空調効率の低下を防ぐ目的で使用されている。

 だが、海外では身体障害者の介助目的で使用される程度で日常的に目にするものではない。近年急増している訪日客(インバウンド)の中には、タッチスイッチの使用方法が分からず戸惑う人もいる。

 OW503T(多言語タイプ)は、訪日客の多い空港や宿泊施設、ツーリストインフォメーションセンター、コンビニエンスストアなどの自動ドアに設置することを想定する。「押す」を意味する文字を中国語、韓国語、英語で記載し、さらに手のイラストを配置して分かりやすく表示している。

 価格は3万5000円(税別)。

問い合わせ先:オプテックス
電話:077-579-8700
URL : http://www.optex.co.jp

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード