PR
石目柄「グレイッシュセルべ柄」の施工例(資料:大建工業)
石目柄「グレイッシュセルべ柄」の施工例(資料:大建工業)
[画像のクリックで拡大表示]
銘木柄「ウォールナット柄」の施工例(資料:大建工業)
銘木柄「ウォールナット柄」の施工例(資料:大建工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 大建工業は、180mmの幅広デザインを採用したマンション用直張り防音床材「ハピアオトユカ45(180幅タイプ)」を2017年6月21日に発売した。

 直張り防音床材は約145mm幅が主流で、幅を広げると性能を維持するのが難しいとされていた。同社はクッション材の選定から仕様を見直し、上階の歩行の足音が気にならないレベルの防音性能を180mm幅で実現した。軽量床衝撃音低減性能の等級は「ΔLL(Ⅰ)−4」。

 サイズは180×905mm、厚みは13.8mm。幅を広げたことで床張り作業にかかる手間を軽減し、施工性が向上した。

 表面仕上げは、傷がつきにくい特殊化粧シート。汚れに強く、ワックスがけも不要だ。石目柄と銘木柄をラインアップしている。

 価格(税別)は、石目柄が5万7000円/梱、銘木柄が5万4000円/梱(1梱は20枚入り)。

問い合わせ先:大建工業
電話:0120-787-505
URL:https://www.daiken.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード