PR
5000Kと「青色」の組み合わせ(資料:東芝ライテック)
5000Kと「青色」の組み合わせ(資料:東芝ライテック)
[画像のクリックで拡大表示]
2700Kと「青色」の組み合わせ(資料:東芝ライテック)
2700Kと「青色」の組み合わせ(資料:東芝ライテック)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝ライテックは、光のグラデーションで青空や夕焼け空などのイメージを表現できる発光ダイオード(LED)ベースライト「SORAIRO(ソライロ)」の販売を2015年12月15日から開始した。

 埋め込み型LEDベースライトの器具内部に、「青色」「白色」「電球色」の3色のLEDを配置している。専用の制御装置と接続した「白色」と「電球色」は調光と調色(2700K〜5000Kの範囲)が可能で、「青色」と組み合わせることで、青空から夕焼け空まで空の色の移り変わりを表現する。

 アーチ形状の乳白色のカバーで天井に取り付けるので、天窓から柔らかな自然光を取り入れるようなイメージ演出が可能になる。自然光を取り入れにくい場所に設置して、天井から空を眺めるような開放感を出すことができる。単なる演出照明ではなく、空間に必要な明るさを確保するベースライトとしての機能も備える。

 まずは、青空から夕焼け空まで表現できる「青色/調光調色モデル」と、青空を表現する「青色/調光モデル」を発売した。さらに、間接光のような柔らかい光のグラデーションを演出する「調光モデル」(2機種)も2016年1月下旬に発売し、全4機種をラインアップする予定だ。

 LEDバネルと器具本体を組み合わせた希望小売価格は、「青色/調光調色モデル」が14万8000円(税別)。

問い合わせ先:東芝ライテック
電話:044-331-7558
URL:http://www.tlt.co.jp/tlt/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード