日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)

[最新号目次]

2020年9月号

三陽商会が売却、銀座・中央通りの旗艦店

特集

[限] 名古屋の不動産投資市場 コロナ禍で店舗賃料が下落、名駅で進む開発用地の取引

新型コロナウイルスの感染拡大が、名古屋の不動産市場にも影響を与えている。リテールの賃料相場をけん引してきたドラッグストアの出店ニーズが減少し、プライムエリアの店舗賃料が下落し始めた。一方、オフィス賃貸市場への影響は限定的で、依然として堅調な市況を維持している。売買においては、名駅地区における開発用地の取引が活発だ。[PDF]

開発トレンド

[限] 東京・横浜の建築計画調査 豊洲の千客万来施設が始動、東京61件、横浜50件が着工へ

2020年4月上旬から7月上旬までに東京都心5区と東京都、横浜市に提出された建築標識設置届に基づいて開発計画を調査した。調査対象111件の総延べ床面積は約107万m2。このうち、横浜市が約61万m2と過半を占めた。都心5区では、中央区が最大の約29万m2で、次いで新宿区(約5万m2)、千代田区(約4万m2)、渋谷区(約3万m2)、港区(約2万m2)の順。その他18区は約7万m2だった。[PDF]

オフィス市況トレンド

企業移転ニュース 安藤ハザマが東京汐留ビルへ、ムスブ田町にJALインフォテック

売買レポート

  • 三陽商会が売却、銀座・中央通りの旗艦店
  • リニア新駅近くの2453m2、103億円で三菱倉庫などが確保
  • 駅直結のオフィス・店舗、三井不動産が売却
  • 平和不動産が当面運用、建て替えも視野に
  • JR西日本不動産開発、運用目的で首都圏の2棟
  • 延べ床約2万m2のオフィス、サンケイビルが取得
  • 銀座・昭和通りの店舗、英グロブナーが建て替え
  • 三菱地所と千歳興産が確保、四谷三丁目駅近くの1073m2
  • 関電不動産開発が運用目的で、梅田の店舗と阿波座のオフィス
  • 住友不動産が店舗ビル、六本木交差点近くで
  • 南海電鉄が千日前通沿いで取得、かつての阪急リート保有物件
  • 452億円で3物件、産業ファンド
  • ヒューリックが40億円弱で取得、港区の学童保育施設
  • 住友商事の私募REITが取得、305室のホテルと店舗
  • ブラックストーンが住宅4物件、シンガポールのストレイツから
  • ヒューリックに80億円で売却、ジャパン・ホテル・リート
  • 日本橋の隣接3棟、タカラレーベンが取得 ほか

売買事例一覧 127件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、経営

  • 三菱地所の晴海三丁目計画、2024年の完成めざす
  • 銀座の店舗賃料がついに下落 ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)