PR

身近な材料で作れるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。今回のテーマは、長さ2~5m程度の鉄筋などを地山に多数差し込んで、斜面を安定させる「地山補強土工法」だ。補強材の有無や間隔で斜面の崩れやすさがどう変わるのか、模型を使って説明する。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い