大林組と岩崎(札幌市)は共同で、工事用仮設道路の最適なルートを簡単に選定できる「3D施工計画作成ソフト」を開発した。地形の3次元点群データを利用し、整備に要する施工量を瞬時に算出可能だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料