建設・インフラ市場で活用が始まったAI(人工知能)。各社はどんな相手とタッグを組み、何にAIを適用しようとしているのか。インフラ事業を「調査」「計画・設計」「施工」「点検・維持管理」「施設運営」の5つの工程に分類し、用途別にキープレーヤーの取り組みを示した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料