PR

数値目標も挙げており、例えば20年度までに三大都市圏の環状道路の整備率を14年度より12ポイント高い約80%とする。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です