PR

損傷などの問題が深刻になってから対処する対症療法的な「事後保全」ではなく、早めにこまめに補修して構造物の寿命を延ばす考え。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です