PR

東日本大震災の教訓を踏まえ、2011年12月に施行された。最大クラスの津波が発生した場合でも、ハードとソフトの施策を組み合わせた「多重防御」の発想によって津波災害に強い地域づくりを進める。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です