PR

繁忙期と閑散期との工事量の差を調整し、年間を通して発注する工事量を安定させること。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です