PR

調査と現場の体験が
技術者の幅広さを育む

 ときには調査の応援に駆り出されることもあるが、社内で調査と現場の両方を体験できることが、技術者の幅広さを育む土壌になっていると実感している。現場が調査の技術を育み、調査の経験が現場に生かされる。それがコンクリートの臨床医のような、総合エンジニアが生み出される背景となっている。

 「補修技術だけに限らず、仕事に生かされる技術や知識は幅広く学びたいと思い、資格取得にも積極的に取り組んでいます。2級土木施工管理技士は学科合格済みで、現場で何か役立てばと、管工事施工管理技士の学科試験にも合格しました。最終的な目標は1級土木とコンクリート診断士です」と、吉田氏はさらなる技術の向上に余念がない。

社会インフラの維持管理を通じ社会に貢献する
社会インフラの維持管理を通じ社会に貢献する
[画像のクリックで拡大表示]

会社情報

  • 資本金 6000万円
  • 売上高 40億円(2016年6月期)
  • 社員数 98名(2016年7月1日現在)
  • 創 業 1974年10月
  • 事業内容 調査、診断、設計、補修、補強、研究、開発など、コンクリートに関するトータル業務

採用情報

  • 採用職種 コンクリート構造物の調査・診断・設計から補修・補強工事における施工管理業務、設計業務、技術営業
  • 採用実績大学 全国の国公私立大学および高等専門学校
  • 採用実績学科 【技術部門】土木、環境、情報、電気、地学、農学 他
  • 【営業・管理部門】法律、政治、経済、経営、商 他
  • 勤務地 東京支店、神戸本店、名古屋支店、西神戸支店、千葉事業所
  • 2017年採用実績  5名
  • 2018年採用予定数 5名
  • 初任給 学部卒 200,000円

問い合わせ先

  • 株式会社ケミカル工事 本社管理部
  • 住所 〒658-0024 兵庫県神戸市東灘区魚崎浜町5-5
  • TEL 078-411-9111
  • URL http://www.chemical-koji.co.jp/
  • E-mail h-office@chemical-koji.co.jp