PR

2014年まで減少を続けてきた交通事故による死者数が、15年は前年比0.1%増の4117人となり、15年ぶりに増加した。なかでも、65歳以上の高齢者が占める割合が高まる傾向にある。14年の53.3%から15年は54.6%に上昇した。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です