PR

社会資本の老朽化が進み、維持管理や更新の費用をどう確保するかが課題となっている。国土交通省が2013年12月末に発表した推計によれば、同省が所管する社会資本の1年間の維持管理・更新費は、10年後の23年度に最大約5.1兆円が、20年後の33年度には最大約5.5兆円が必要になるとみている。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です