PR

予防保全などによって構造物の長寿命化を図るうえで、基本となるのが構造物の現状を正しく把握するための点検や診断だ。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です